読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170218

 『龍の歯医者』前編に関して一点だけ書きます。ヒカリ虫でASMAじゃん!!てなりました。続けてバイオーグを読むのは少しもったいないので明日の楽しみにします。

 三軒茶屋、けっこうトンカツ食べられるお店が多い気がしました。

 いいトートバッグは常にいくらでも欲しいのですが、どこにアンテナ張るのが正解なのかわからない。

20170216

 マウントに関して考えたことを書きます。マウントはまず、マウントを取る言動から始まる。この言動は、マウントの取り合いを促すかマウントを取って揺るがせないかに大別できる。そしてマウントを取られると、別のマウントを取る、マウントに抗う、マウントを返して逆にマウントを取るなどに発展する。ここまでを実際にありそうな例で見ます。おじさんが「俺はモテる」という発言をします。そこでまずモテに関するマウントを取りました。そして周囲はマウントに反応し、「いや俺のほうがモテる」などと言い出します。この場合は、マウント合戦を促す発言に周囲が乗ってきたと見ることができます。ここでマウント合戦の発起人は、具体的なエピソードを出します。「バレンタインにチョコを30個もらった」、「いままで100人から告白された」などです。これに対して周囲は、「俺は50個もらった」、「俺は先週だけで5人から告白された」など張り合います。もしくは、「お前の30個は全部親戚だろ」、「告白されたのはギャルゲーの中だけだろ」などの論破によってマウントを無効にする戦法もありえます。また、別のマウントとして「俺は外国人ともやったことあるぜ」や「ナースとデートしたことある」などを繰り出して自分の得意なフィールドに持ち込もうとする手合いもいます。ここでマウントという言い方が上手いこと言えてるな〜と思うのが、格闘技と同じく、一度マウントを仕掛けられその上で対抗するのであれば、相手のマウントが弱まるまで抵抗を続けるか、相手を上回る圧倒的な力でマウントを取り返すか、が常道という点です。先の論破の場合は、マウントが決まってないことになる技です。30個に対する50個の対抗などは、捉え方にもよりますが、もがいてるだけで即座にマウントを逆転する一手とはなりません。マウント取ってる側がさらに「チョコ以外だとブランドのバッグとか趣味の品物もらったな」などでマウントを強めることも可能だからです。違うフィールドに持ち込もうとするのも一種の抵抗です。この場合、マウント取っているものが勝てると判断すれば多少その流儀に則りますが、あくまで主導権はマウントを取っている側にあるので、「俺は大和撫子しかいけないんだよ」とか「ナースはこれまでなかったな、今度医者の友達にセッティングしてもらおう」などといなすことが可能。モテ話を例に出してしまったので、そういったことに執着しているように見られそうですね。そういう話ではなく、マウントの取り合いになる場面そのものについてのことを考えていて、そういう場面というのは自己の境界を決める場面ではないかということです。上記のモテマウンティングの例だと、「他の男よりモテてる俺」という部分が各々自己の規定に重要な要素となっているのではないかということです。もちろん、ふざけた話として行われている場合も多々あるはずです。しかし、真剣に張り合う際、そこに自分の譲れないなにかが大きく関わっていると思います。なので、そういう他人と張り合わないと決められないような部分に自分を定める条件を置かないようにしていきたいです。自分自身で完結することであれば、まだ幾分マシかと思います。「ごはんがおいしく食べられる」とか「空を見るのが好き」などです。ただ、これも急に味覚がバグったり失明したりする可能性もあるので、五感に自分を直結させていいのか考えた上でやっていきたいですね。あと、他人と比べない部分に自分の重みを置いても失敗するというか個人的に好きじゃない例は、いくつかあります。そのうちの一つが、過去の自分の肯定で、懐古して生きている人にはなりたくない。他は、自分に属するが自分自身によらない属性で、家柄とか有名人と友達などですね。そういったものがその人を形作ることはまあわかるけど、形作ったものに乗っかっていきていくのかというとそうじゃないんじゃないかと。以上のようなことを考え、来年度の目標を設定していければと思います。

 チェキのワイドフィルム、80枚分あったので本体買ってもいいかと思えるレベルですね。でもせっかく本体買うならLomo買いたくなってくる。一旦落ち着くために今度動物園とかに写真撮りにいこう。おもちゃなら使い道がイマイチ難しそうなkey mission80がほしい。

 日記なので今日あったことを書きます。家から会社まで行く手段として、地下鉄とJRがあります。定期券を作っているのはJRですが時間的には地下鉄の方が早いです。いつも本当に可能な限り寝ているので、年明けてから毎朝お金を払って地下鉄に乗っていました。めっちゃ混んでてマスクがないと不快な空間です。今日は久しぶりに早起き、といっても20分程度、に成功してJRに乗れて朝からとても良い気分でした。早起きは三文の徳。はい。

20170215

 『ブルーモメントの娘たち』のことを書きます。作者の言ってたラブホ解釈シーンは、お風呂がいやらしいことになっているのを知っている部分ですかね。分裂の契機の一つとしても考えられる。免許があとバズマザーズハイエースの車窓から」収録アルバム『怒鳴りたい日本語』は2015年08月05日ごろですが、舞台は冬っぽいので、琥珀ちゃんの記憶がある時点から進んでないのでは。琥珀って名前もそれを示唆している気がする。かき揚げ丼のタワーは静岡県沼津の魚河岸 丸天 魚河岸店ですかね。他にも似たようなの出すところあるのかな。そのあとの温泉は「三河まつり」のポスターがあるから愛知県。ただその前の水族館はどこなんだ。ジンベエザメがいるように見えたけど沼津港深海水族館なのかな。グソクムシの話してるし。ラストの海辺は愛知か三重のあたりかな。あと、ラスト琥珀の影がない。そんなことより、面白かったのでぜひ読んでください。

 Apple Watchがほしいけど、買う必要がないんだよな。ランニングとか運動するなら買いだと思ったけど。

 チェキのでかいほうのフィルムを二パックもらったのだが、本体がないのでどうするか。チェキならまあ使う機会もなくはないかと思うんですけど、ワイドを持ち出すのはかなり面倒くさそうなんですよね。

f:id:hundari:20170215225243j:plain

20170212

 仮に結婚して、仮に子どもが生まれて、子どもの趣味が理解できないだけならまだしも、趣味が悪いと感じてしまった場合、それでも子育てをやっていけるのだろうか。

 ちくま学芸文庫の『経済思想入門』から『有閑階級の理論[新版]』、『市場の倫理 統治の倫理』と続けて読んでけっこう分かりがあった。個々の経済用語と学説を身につけていきたい。とりあえず企業のIRがスラスラ読める感じで。

 普通になりたい、ということをそんなに普段から意識して生きている人はいない、人々は日々の気楽さを求めている。といった意見を伺ったものの、サンプルが少なすぎてなんとも言えない。

20170210

 駅近飲屋街の異様に雰囲気がある居酒屋に行ってきました。まず、なぜか客が全くいない。木曜だからなのかもしれないが、それにしても店先には飲み屋を求める大勢のサラリーマンが行き来している。内装は古民家風、カウンターに大皿が並んでおり料理名があるのかわからないがうまそうな料理が並んでいる。映画千と千尋の神隠しで千尋の両親が貪り食って豚になった料理のあんな感じだ。カウンターの奥にはおそらく主人が鎮座している。天気について軽やかに語りかけてくる。雪はほとんど降ってないですが、傘を差す程度の小雨がちらついています。荷物を置くのもそこそこにお酒の注文をとられる。エビスビールを注文した。さて落ち着いて料理でも頼みますか、と思うもメニューが一切ない。曰く、カウンターに並んでる大皿から好きなものを頼むルールとのこと。手前から料理名と食材とおすすめポイントをテンポ良く説明される。ただ、バカなので一割も覚えておらず、このお皿のやつ、などと注文する。まあ料理が美味しかったりなんやかんやあったのですが、省いて、いい店で満腹になって1人5,000円強だったのでとてもよかった。リピします。ということを思い出しながら、一回の飲み屋で5,000円使えるのであれば、宿一泊に20,000円て、全然ハードル高くないのではないかと考えた。山奥のスキー環境が無い宿は今の時期ヒマらしいので果敢に攻めてみたい。

 key mission80しばらく触ってたらかなり楽しそうだった。

 beats Xの予約が可能になったらメールでお知らせします、じゃあないんだよ。

f:id:hundari:20170211000031j:plain

20170207

 試写会のマッチングサービスって無いの。ペアのチケット当たっても1人だし、って人とぜひ観たい!って人をくっつける。

 ビューカードを入手したのでオートチャージ設定やっていく。生活も概ね完成してきた気がする。おさまりきらない漫画を収納すべく本棚を買うかが非常に悩ましい。

 半年くらい足の親指が突き指っぽいまま放置してる。

f:id:hundari:20170208003300j:plain

20170204

 『沈黙』と『虐殺器官』を続けて観たので、博愛の文法と虐殺の文法、死をもたらす伝道師、西洋文明とその他、などで雑な語りをしたくなってしまった。

 ハヤカワのJA文庫でサインカード付きのフェアがやってたので、円城塔先生や小川一水先生などの持ってないのを何冊か買ってきた。そしてとうとう夢幻紳士に手を染めてしまった。

 以下は、なんかわからんけど、アルバムのジャケが変なものになってたシリーズです。

f:id:hundari:20170204194158p:plain

f:id:hundari:20170204194145p:plain